さかなだマート
お問い合わせ
HOME > 商品・企画カテゴリー > 特大8kg級極上トキシラズの切り身

特大8kg級極上トキシラズの切り身

トキシラズは大きくなるほど脂の乗りが良くなりますが、そうめったに揚がる魚ではありません。しかも8kg級となると尚更です。そんな北海道根室沖で捕れたトキシラズをご案内します。

年末年始特別企画

フィレや姿で提供するとなると大きな金額になります。しかし、非日常的な、そんなトキシラズを食べてみたいと、誰もがそう思うことでしょう。

お要望にお応えして、8㎏級のトキを切り身にして販売いたします。

8㎏級トキシラズ切り身個包装

最高の脂の乗り

まずこの大きさのトキシラズですから、間違いが無いことは想像に難くないので説明は省きます。

切り身を作るのに1尺の柳包丁を使ったのですが、寸法が足りません。1尺2寸を持ち出しましたが、やはり足りません。こうなったらマグロを捌く包丁だなと、マグロ包丁でカットしました。それくらい幅が広いのですよ。

下の写真を見てください。胸ビレからハラスにかけてぐんと広がっているでしょう。そして背中も上にぐんと高いのです。こんな胴回りが大きいものが特大の中の極上です。

堂々たるトキシラズ

魚の大きさに合わせて包丁の長さが必用なのですが、魚に対して包丁が短いと、のこぎりを挽くようにゴシゴシとカットしなければなりません。それでは段が付き、綺麗なカットにならないのです。

ですから、一刀で切れるように魚に合わせた長さの包丁を使うわけです。しかし、マグロ包丁を持ち出さないといけないとは思いませんでした。8kg級にも魚の長さで8kgあるのか、魚の胴回りの広さで8kgあるのかが重要です。

もちろん、胴回りが広くてkgあるのが、脂も乗っていて最高なのですよ。今回のトキシラズは胴回りで重量があったトキです。

特大トキシラズをカット

マグロ包丁でカットしたところ

さて。今回はもう一手間かけました。極上には極上にふさわしい仕上げ方をしたいと思います。脱水シートをかけて一晩寝かせます。

脱水シートをして余分な水分を抜く

これは何をしているところかと言うと、カットしたトキシラズを脱水シートで下と上からとで挟んで、余分な水分を抜く作業です。これで魚の旨味が増します。

脱水したトキシラズ

こちらが脱水後のトキシラズです。余分な水分が抜けました。

脱水シートが水を吸い上げた写真

シートは2枚構造になっており、水あめのように甘い液体を挟み込んでいます。濃い液体は薄い液体のトキシラズの水分を吸い上げます。吸った液体は戻らないようになっています。これが脱水シートで、浸透圧を利用して水分を吸い上げる構造になっています。

トキシラズの脂の刺し

トキシラズの腹に近い部分の脂の刺しです。霜降り状態になっています。

スタッフにもおすそ分けしましたが、晩御飯に焼いて食べたらしく、翌朝一番、「とろけるようで美味しかった~!」と喜んでいました。

 

■■ 品質表示 ■■

【原産地・加工地】 北海道根室・鹿部

【加工処理】 切り身、3Dエアブラスト凍結

【規格】 600g(5切れ)/セット

【賞味期限】 冷凍1年 

【調理・用途】 焼き用

【原材料・調味料】 トキシラズ・無し

【添加物】 無し



特大8kg級極上トキシラズの切り身

ID・内容

P18122101  1セット
5切れ(600g)/セット

在庫終了

単価・価格

単価:---   税別価格:---

備考

クール冷凍便 送料別途  送料表2kg適用