さかなだマート
お問い合わせ
HOME > さかなだマート > おさかなヘルシーパワー > おさかなヘルシーパワー [まぐろ]

おさかな健康メモ - まぐろ

DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は、魚の中でもナンバー1の含有量。

本まぐろ

脂も赤身もヘルシー栄養成分たっぷり

トロの脂には、魚類でもダントツに不飽和脂肪酸のDHA、EPAが含まれていて、EPAが血中のコレステロールを抑えて血流の流れを良くし、血栓を防いで動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を防ぎます。DHAは、コレステロールを減らし、脳細胞の成長を促して脳を活性化させます。また、ボケ防止、目の機能の向上、アトピー皮膚炎の治療にも使用されます。

また、不飽和脂肪酸のEPA、DHAは、リューマチの痛みを抑制したり、がんの予防効果もあると期待されています。

まぐろの赤身には、タンパク質やセレン、血合いの部分にはタウリンや鉄が豊富に含まれています。セレンには、抗酸化作用やがん抑制効果があるとの報告もあります。タウリンは、肝機能を高めて二日酔いを防いだり、高血圧も改善してくれます。

他の栄養成分では、カルシウムの骨への吸収を助けるビタミンD、強い抗酸化作用を持つビタミンE、ビタミンBの一種であるナイアシンは血行を促進します。ミネラルでは、貧血を防ぐ鉄、味覚を正常に保つ亜鉛が豊富です。

主な栄養成分は、ビタミンB1、B12、セレン、ビタミンB6、タンパク質、DHA、EPAです。

他には血合い肉にはタウリンがイカやタコに匹敵するほど含まれています。

おさかな健康メモ-まぐろ

【調理・食べ方】

ビタミンB1、B6、B12は水溶性なので、煮炊きしたら出しも食するようにしたいですね。また、長時間水に浸けると栄養が水に溶けてしまいます。

・刺身、寿司

DHA、EPAのω-3脂肪酸は、加熱すれば酸化しやすいので、非加熱で食することが最も効率が良いです。

・まぐろのカルパッチョ、アボカド添え 

まぐろのビタミンB6や、アボカドのビタミンC、Eには美容効果が期待できます。また、ビタミンCは、DHAが体内で酸化するのを防ぐ効果もあります。

・マグロのステーキ、アーモンド添え

まぐろの表面だけを焼き、中は生のままに仕上げます。ステーキで言うところのレアです。別のフライパンでアーモンドスライスをバターで炒めておきます。マグロを取り出してお皿に盛り、マグロを焼いたフライパンの中に、炒めたアーモンドスライスをバターごと入れ、軽く和えてマグロステーキの上にかけます。

マグロのセレンと、アーモンドのビタミンEの相乗効果で、免疫力の向上が期待できます。また、アンチエイジング効果(老化防止)も期待できると言われています。

ビタミンB1、B6、B12は水溶性なので、焼いた時に出る煮汁を捨てず、ソースとして使います。

 

 ☆まぐろ商品ページへ

 

 

 

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

キャッシュレス・消費者還元事業

前浜LINE@市場 おさかなヘルシーパワー フリー商談 ホールセール かんたん手間いらず商品PRO仕様 プロユーザー 社長日記 魚貝の料理PRO 販売促進ツール さかなカレンダー