さかなだマート
お問い合わせ
HOME > さかなだマート > 北海道のお魚雑学 > 鮭の内臓の食べ方

鮭の内臓の食べ方

鮭の商品ページへ意外と知られていないのが、鮭の内臓の食べ方です。

まず、どの内臓を食べることができるかなんですが、心臓、胃、血合い、雄なら白子などが美味しく食べることができます。

心臓は、三角錐の形をしていて、エラの付け根付近にあります。水洗いして、塩焼きにすると美味しいんです。

胃は開いて、内側の粘膜や粘りを包丁の背でこそげ落とし、よく水洗いして、これも塩焼きにします。

さて、血合い?と疑問に感じる人がおられることと思いますが、秋も中盤になると、血合いが固まってきており、おなか側から血合いを覆っている薄皮を包丁で切り、少し先の尖ったスプーンなどでこそげとります。

その血合いを醤油を入れたボールに漬け込むこと一晩。翌日には美味しいメフンが出来上がります。あつあつのごはんに乗せて食べると美味しいんですよ。

血なまぐさいと思われそうですが、いえいえ、クセもなく、ほんとに美味しく食べることができます。

ただし、いずれも鮮度が良くなくては使えません。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

前浜LINE@市場 フリー商談 ホールセール かんたん手間いらず商品PRO仕様 プロユーザー 社長日記 魚貝の料理PRO 販売促進ツール さかなカレンダー