さかなだマート
お問い合わせ
HOME > さかなだマート > 北海道のお魚雑学 > ほたて貝の雌雄転換

ほたて貝の雌雄転換

ほたて貝は雌雄異体です。0年から1年まではすべて雄です。2年目から雌に雌雄転換します。ランと呼ばれる白やピンクの三日月型したうにのような味のする部分がありますね。白が精巣で、ピンクが卵巣なんです。2年貝になると、白からピンクへ変わってゆきます。時折白とピンクが混ざったランがありますが、あれは雌雄同体なんですね。

味は個人的にはピンクのほうが好きですが、これは人それぞれ好みだと思います。ピンクのほうがサラッとした食感で、うにのような香りがします。白は少し粘り気があります。

この卵巣や白子を使ってオードブルや一品料理を作ってみてはいかがでしょうか。ピンクのランは非常に色彩が綺麗なので、裏ごしして真っ白なお皿にソースとして敷き詰めます。(味付けはオリジナルでやってみてください。)その上に貝柱の刺身を盛り付け、ハーブを飾るとベネトンカラー。いわゆるイタリアンカラーになります。

めでたい席ならピンクと白を使って、紅白のソースに仕上げるのも良いでしょう。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

前浜LINE@市場 フリー商談 かんたん手間いらず商品PRO仕様 プロユーザー 社長日記 魚貝の料理PRO 販売促進ツール さかなカレンダー