さかなだマート
お問い合わせ
HOME > さかなだマート > 北海道のお魚雑学 > あいなめの呼び名

あいなめの呼び名

アイナメには、いくつかの呼び名があります。あいなめ、あぶらこ、あぶらめ。一般的にはアイナメと呼び、漢字で鮎並と書きます。鮎のような姿をしているからでしょう。また、愛女魚とも書きます。東北や日本海ではアブラメ、北海道と東北の一部ではアブラコと呼びますが、私たち道南でもアブラコと呼びます。魚体が油を塗ったように光っているからで、細かいうろこが油を塗ったように見えるからです。

また、ネウオ(寝魚)、シンジョ(寝所)と呼ぶところもあり、広島県や愛媛では、モミダネウシナイと、なんと長い変わった名前で呼ぶ地方もあります。これは、「あまりの美味しさに農民が籾種を買う代金まで失った」という意味で、これが名前の由来だそうです。

アイナメは、メスが産卵したあと、オスが変わって子守をするのです。また、アイナメの卵の天敵は同じアイナメなのです。

照り焼き、どびん蒸し、ムニエル、から揚げ、洗いにと とにかく美味しい魚ですが、洗いにするには鮮度が大切です。小骨が多いのでそぎ切りが良いでしょう。鮮度落ちの早い魚なので、とびっきりと言われる洗いにめぐり逢うには運も必要です。

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

前浜LINE@市場 フリー商談 ホールセール かんたん手間いらず商品PRO仕様 プロユーザー 社長日記 魚貝の料理PRO 販売促進ツール さかなカレンダー