さかなだマート
お問い合わせ

北海道噴火湾産、花削りこんぶ刺身ほっけ

さかなだマートの刺身一番人気、刺身用ほっけに花こんぶを圧着させ、旨味を倍増させた花こんぶ締めほっけフィレです。ほっけのイノシン酸と昆布のグルタミン酸がマリアージュすると相乗的に旨みが濃くなります。そんな旨味相乗作用を活かした究極の刺身です。

究極の刺身と昆布の旨味をマリア-ジュ

イノシン酸+グルタミン=旨味爆発

北海道に新芽が出てくる頃、そろそろ春ホッケの季節がやってきます。駒ケ岳の落葉樹林を通った、雪解け水が川から湾に流れ込み、海は養分を蓄え、魚貝が急速に育ち始め美味しくなります。

雪解けの駒ケ岳

雪解け駒ケ岳の土の養分が川から流れ込み、海が肥える。

 

新芽

北海道の春は勢いよく急速に始まります。長い間、雪に閉じ込められた時間を取り戻すかのように。

 

倒木からの芽

雪の下に隠れていた倒木から、新しい春の始まりを感じます。

 

ほっけ

海では魚が活発に動くようになり、この頃から漁師たちも網を入れ、魚漁を始めます。

 

北海道噴火湾のほっけ

噴火湾のほっけが美味しいには、やはり理由があったのですね。ただ、ほっけは鮮度落ちが早い魚ですから、水揚げされたらすぐにフィレにする準備を始めないといけません。

極上の鮮度と食感、そして旨味がのってくるタイミングは瞬間と言って良いほど短い。これが前浜でとれなければ出来ない理由です。

 

真昆布漁

そして道南は、献上昆布として名高い上質の真昆布がとれる産地です。

 

花削りこんぶ

名高い真昆布を花びらのように、また、魚のうろこのように見えるかもしれませんが、薄く薄く削ります。この削った昆布をホッケに圧着させ、マリアージュさせます。ほっけを極上鮮度のままに仕上げるには1時間がタイムリミットです。

ここまで説明しますと、みなさん、「昆布締めだな」と思われるでしょうが、いえいえ、そうではありません。今回の開発コンセプトは、昆布の香りを極力控えめに、されど昆布の旨味は魚に浸透させ、刺身の旨味を倍増させるという、絶妙なバランス感覚で作っています。

この削り昆布の厚さと圧着時間が最大のポイントです。昆布はあくまでも脇役です。昆布の香りが魚に勝ってはいけないと考え、あくまでも旨味だけを抽出し、ほっけに浸透さるという開発コンセプトでした。

刺身をより美味しくする。ただし、名脇役の存在なくして出来なかったと思います。

 

ほっけと花こんぶのマリアージュ

これが花削り昆布を圧着させた、刺身ほっけフィレです。

 

北海道噴火湾産、花削りこんぶ刺身ほっけ

魚からはイノシン酸が生まれ、昆布からはグルタミン酸が抽出されます。

これは個人的私見ですが、ちょっと見た目、金箔をあしらったようにも見えるのですが・・・、私だけかもしれません。

 

 

北海道噴火湾産、花削りこんぶ刺身ほっけ

最高の素材の出会いを最高の技術が仲人したものですから、美味しくないわけがありません。特にお勧めします。

 

 

ヒマラヤの岩塩

今回は、ヒマラヤ山脈の岩塩をおろし金で擦って、花削り昆布刺身ほっけにつけ食べました。美味しい塩を少しだけつけて召し上がるのがおすすめです。

甘味と旨味が想像以上でした。

※ただいまお買い上げの方にヒマラヤの塩を少し入れておきますね。

 

【仕様】

中骨、腹骨、皮を除去しています。刺身用にカットするだけで大丈夫です。

【解凍方法】

真空包装のまま冷水解凍、室温解凍、いずれでも大丈夫ですが、解凍できたらすぐに冷蔵庫に入れて冷やしてください。

【調理方法】

よく切れる包丁を使ってください。カットしていると昆布の粘りが包丁にまとわりつきますから、カットするたびに水で濡らした綺麗な布巾で拭き取りながらカットしてください。

 

■■ 品質表示 ■■

【原産地・加工地】 北海道・鹿部

【加工処理】 カマ、中骨、腹骨、皮無しフィレ加工 花削りこんぶ 真空包装

【規格】 中サイズ2枚

【賞味期限】 冷凍1年 

【調理・用途】 刺身

【原材料・調味料】 ほっけ、昆布

【添加物】 無し



北海道噴火湾産、花削りこんぶ刺身ほっけ中サイズ

ID・内容

PP18042701  0.36kg
フィレ2枚

セット

単価・価格

単価:3,980円 / kg   税別価格:1,432円

備考

クール冷凍便 送料別途  送料表5kg適用