さかなだマート
お問い合わせ
HOME > 商品・企画カテゴリー > 前浜LINE@市場、北海道海産物業務用激安販売


前浜LINE@市場

前浜LINE@市場

ラインでスピード仕入れ!飲食店用プロ海産物市場

最短流通、スピード情報!極鮮魚貝を激安で!

前浜で水揚げされた魚や貝の情報をLINEでタイムリーにお届け。当日限定で販売する激安コーナーです。(LINEで友だち追加していただくと、その日の激安商品情報をお届けします。)
市場には規格外れやアウトレットも並ぶことがあります。当日限りの販売ですので、お早目に! 

 

友だち追加数

前浜LINE@市場のご案内ページへ

 ※即完売となりました折は、ご注文をいただいていてもお受けできない場合がございます。その時は、ご連絡入れさせていただきます。

※商品は、市場から戻ってくる正午から午後4時頃に掲載されます。

前浜ライン@市場

 

 

12月14日(土)午後7:00

ボウズにはまる人、続々

「ボウズ良いね!」

と電話がかかってきました。大阪の居酒屋料理長からです。

一瞬、何のことかわかりませんでしたが「沖漬けしたけど、最高やったわ!」というので<ぼうずいか>の件だとわかりました。

送った飲食店からの評判が総じて良いです。宴会にも使い勝手が良いそうですよ。

料理人満足度100%!ぼうずいか

目とトンビ(クチバシ)と骨を処理して、醤油、みりん、酒に一晩漬ければ、沖漬けの完成です。

先付に出すと「ほたるいか?」と聞かれるそうです。「こうゆう会話のキッカケになる一品がいいのよ~。」と料理長。

煮ても旨いので、今、料理人からとにかく人気です。

北海道フェアに掲載中

通常1590円/kgのところ、1280円/kgで!

函館産ぼうずいか

北海道産ぼうずいかの瞬間冷凍の販売ページへ

 

 

12月13日(金)午後5:15

新商品、しめ鯖用フィレ

解凍して酢につけるだけで自家製しめ鯖やマリネが作れる塩サバフィレを開発しました。

〆さばは素材が命。極寒の12月、前浜で水揚げされた1kgオーバーの脂の乗ったサバから作ってます。

解凍して酢に漬けるだけ!自分好みの〆サバが作れる

しめ鯖は、その酢〆具合により好みのわかれる料理です。

お酒を飲む人は、浅めの刺身感覚を好むようですが、中までしっかり〆た方が好きという方も多いですね。

この塩さばフィレは、前浜の定置網で生きたまま水揚げされた鯖を3時間内にはフィレ加工し、塩をして一晩寝かせています。余分な水分をしっかりと抜き、旨みを凝縮させましたので、後は酢に漬ければ非常に美味しいしめ鯖が作れます。

一晩から1日、好みの漬け具合により時間を調整してください。

北海道フェアに掲載

通常2080円/kgのところ、1890円/kgで!

北海道産、塩さばフィレ

北海道産、塩さばフィレ(酢〆・マリネ用)の販売ページへ

 

 

12月12日(木)午後7:15

すけそうだら白子、北海道フェア掲載

工場長の辻合大地です。

まだかまだかと問い合わせをたくさんいただいていましたが、ようやく再開できます。

前浜は時化が続きスケソウダラがまとまって揚がらず、今年は少し遅くなったのですよ。

真鱈白子に負けず劣らず、なのに安価!

真鱈の白子は高価すぎて扱えない飲食店さんも、スケソウダラの白子は安価だととても喜ばれます。

安いからといって味が劣るということではなく、真鱈の白子に比べて味があっさりしていて、むしろこちらの方を好まれる方も多いのですよ。

鍋や天婦羅、みそ汁、白子ポン酢にと、冬にぴったりの商品ですよ!

北海道噴火湾産すけそうだら白子

●北海道噴火湾産すけそうだら白子の販売ページへ

 

 

12月11日(水)午後3:50

本ずわいがに姿SALE

身入りは4特の最高ランク。カナダ産本ずわいがに姿を冬の北海道フェアに掲載します。

女性グループのプチ忘年会に人気

1尾サイズは約650g。足は解凍してそのまま、もしくは鍋に。肩肉は味噌と一緒に甲羅の中にほぐし入れて、甲羅焼きや雑炊、グラタンに。

最近は少人数のプチ忘年会も流行ってるようなので、2~3人の宴会料理に喜ばれますよ。

北海道フェアに掲載

通常3080円/尾のところ、2750円/尾で!

身入り4特、ボイル本ずわいがに姿

カナダ産ボイル本ずわいがに姿の販売ページへ

 

 

12月10日(火)午後6:40

美味いだけじゃない、鹿部産キンキ

工場長の辻合大地です。

今が旬のたっぷりと脂が乗ったキンキです。

高級魚として人気ですが、実は美味しいだけでなく、ものすごく栄養豊富なのをご存知でしたか?

赤色は栄養豊富の証

キンキの脂は青魚と同じ不飽和脂肪酸。EPA、DHAが豊富で、悪玉コレステロールを減らし、血液をさらさらにし、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防に効果があるとされています。

さらに、キンキの体表の赤色は餌である海老の色素のアスタキサンチン。アスタキサンチンにはビタミンEの1000倍の抗酸化作用があり、生活習慣病の予防だけでなく、老化を遅らせたり美肌に効果があるとされていて「若返りのビタミン」とも呼ばれるのです。

美味しいうえにこんなに栄養豊富とは、至れり尽くせりですよね。

北海道鹿部産キンキ

北海道鹿部産キンキの販売ページへ

 

 

12月9日(月)午後3:00

冬季限定、北の特大冬サバ

年の瀬も迫る12月、雪の舞う極寒の北海道函館・南かやべで重量1kgオーバーの超大型サバが水揚げされました。

北の特大、冬さば

これほど丸々と太った大型のサバはこの時期にしかお目にかかれません。そんな特大冬サバから、刺身用フィレを作りました。

環境、技術、情熱なくして作れない鯖フィレ

鯖はメジャーな魚ですが、刺身用となると特別な条件と高度な冷凍技術が必須です。

極寒の海で揚がるサバと温暖な海で揚がる鯖では、餌も違えば鮮度の落ち方も違い、脂の乗り方も違う。

ここ道南で1kgを超える鯖が水揚げされるのは寒さが一段と厳しくなる12月のごく限られた期間だけです。

そして雪の降る中、定置網を揚げてくる漁師たちの忍耐と強さがなければ、決して出会えません。

それゆえ、この冬サバから作る極上刺身用フィレはさかなだマートにしか作れないのです。

冬の北海道フェアに掲載!

特大サイズ 通常2180円/kgのところ、2080円/kgで!

超特大サイズ 通常2380円/kgのところ、2180円/kgで!

北の特大、冬サバ刺身用フィレ

超特大サイズで、フィレの全長25cm前後あります。

冬の特大、冬さば刺身用フィレの販売ページへ

 

 

12月8日(日)午前10:00

旨味の宝石箱。石狩鍋セットプレミアム

工場長の辻合大地です。

12月に入り、鍋が美味しい季節になりましたね。

実は私は石狩鍋セットプレミアムのファンで、毎年冬になると自宅用に買っては友人を招いて鍋を囲むのですよ。

自社で作ったものながら、本当に美味しいのですよ(笑)

美味しさの秘訣

旨味が濃い噴火湾産の鮭。4特のズワイガニ。函館名産のいか飯。ボタンエビ、ホタテ、鮭白子、鱈つみれも北海道産の一級品。ウニ味噌と南茅部産の真昆布。

水産メーカー生産の石狩鍋、どれひとつとして素材に妥協するわけにはいかないのです。

全ての素材が一体となった時、とてつもないおいしさを味わえます。

そうそう、名脇役の芋餅もさかなだマートならではですよ。

お歳暮やご自宅用にどうぞ。

石狩鍋セットプレミアム

石狩鍋セットプレミアムの販売ページへ

 

 

12月7日(土)午前11:00

プロが選ぶお歳暮

「今日は仕入れの話じゃなくて、お歳暮に送りたいんだけど良いかな・・?」

この時期になると飲食店からそんな相談を受けます。

さかなだマートではプロの料理人が贈るのに恥ずかしくないお歳暮商品を揃えてます。今日は中でも人気の商品を紹介しますね。

手作り、新巻鮭

鮭は前浜、鹿部~函館南かやべの定置網で水揚げされた天然秋鮭を原料にしています。新巻鮭にするのは、オスの銀毛のものに限り、メスは使いません。刺身にできる鮮度の鮭から加工して熟成させてます。

北海道産、新巻鮭

新巻鮭の販売ページへ

72時間本造り、西京漬け4種

スーパー等では表面に味噌を塗っただけのものが多いのですが、この西京漬けは京都の老舗で作られる西京味噌に72時間漬けこんだ本格仕上げです。中でも人気は銀だらですね。

銀だら西京漬け

銀だらの西京漬けのページへ

紅鮭の西京漬けのページへ 

 ●赤魚の西京漬けのページへ

サーモントラウトの西京漬けのページへ

極上品質、いくら醤油漬け

本当に美味しいイクラ醤油漬けを作ろうと思うと自分たちで作るしかなかったのですが、他社メーカーで唯一お勧めできるいくらです。

網走産いくらの醤油漬け

北海道網走産いくら醤油漬けの販売ページへ

数の子がゴロッと入った松前漬け

さかなだマートでは2種類扱ってます。素材の味、風味、色を引き立てる白醤油仕立てと、北海道好みの甘さを感じる黒醤油仕立て。

人気でいうと、黒醤油仕立てがわずかにリードしてます。

函館産、松前漬け黒醤油仕立て

函館産松前漬け白醤油仕立ての販売ページへ

函館産松前漬け黒醤油仕立ての販売ページへ 

 

 

12月6日(金)午後7:00

氷下魚(こまい)新規格登場

居酒屋からやきとり屋、和食からも「うまい!」「使いやすい!」「宴会に良い!」と評判の氷下魚に新規格が出来ました。

コマイはタラ科の魚で干すとうま味が増し、骨離れもよく食べやすいので私たちも大好きな魚です。鍋に入れても美味しいですよ。

年末年始の繁忙期に大活躍!

頭、内臓除去して一夜干ししてますので、解凍後、焼くだけ。北海道では一味マヨネーズを添えるのが定番です。

新たにMサイズと、2Lサイズが加わりました。Mサイズは安価で宴会に人気です。2Lサイズは市場にはあまり出回らない特大サイズ。1尾100g前後あり、肉厚で、食べ応えがあります。

氷下魚一夜干し

北海道産、氷下魚一夜干しのページへ

 

 

12月5日(木)午後6:45

特大サバ現る!

工場長の辻合大地です。

いや~、驚きました。

今朝、仕入の者から「すごい大きいサバ揚がってますよ」と。実際見てみると、いやいや・・「ものすっごい大きいサバ」でした。迷わず入札しました。

近々、お披露目しますのでお楽しみに。

本造り、西京漬け

西京味噌は西京味噌専門の一流メーカーに特別依頼。さらに、72時間かけてしっかり漬け込んだ手間を惜しまない西京漬けです。

よくある味噌をさっと塗っただけの西京漬けとは、一味も二味も違いますよ。

4種類それぞれ素材の特徴が引き立っていて、どれも非常に美味しいですよ!

銀だらの西京漬け

●銀ダラ西京漬けの販売ページへ

●サーモントラウト西京漬けの販売ページへ

●紅鮭西京漬けの販売ページへ

●赤魚西京漬けの販売ページへ

 

 

12月4日(水)午後6:30

子持ちぼたん海老スペシャル大

なんて呼ぼうか?・・・超々特大サイズ?それとも、巨大サイズ?

・・・いや、これだけ貴重で特別なものだから<<スペシャル大サイズ>>にしよう!と決まりました。

通常の子持ちぼたんえび大サイズは1尾約29g前後ですが、その倍近い1尾51~57gの子持ちぼたん海老です。

確率1/10000!希少なSP大サイズ

1尾51g以上。超特大サイズを超える規格です。ただでさえ、北海道噴火湾ブランドのボタンエビは流通量が少ないので本当にスペシャルですよ。

選別して出てくる確率はなんと1万分の1。年末年始の目玉料理にいかがですか?

子持ちぼたんえびスペシャル大サイズ

北海道噴火湾産子持ちぼたん海老スペシャル大サイズのページへ

 

 

12月3日(火)午後7:15

北海道郷土料理「松前漬け」

工場長の辻合大地です。

基本に忠実な美味しい松前漬けで、数の子を惜しみなく使っています。

ニシンが不漁続きで、最近は数の子なしの松前漬けが多いのだとか・・。少し寂しいですねぇ。

白と黒の2種類

素材の味をはっきり感じやすい白醤油仕立てと、北海道でポピュラーな甘口の黒醤油仕立ての2種類用意しています。

現場で試食した時、見事に好みが真っ二つに分かれました。もちろん、満場一致で「どちらも美味しい」ですけどね。是非、食べ比べしてください!

函館産松前漬け白醤油仕立て

●函館産松前漬け白醤油仕立ての販売ページへ

函館産松前漬け黒醤油仕立て

●函館産松前漬け黒醤油仕立ての販売ページへ

 

 

12月2日(月)午後7:00

冬の北海道フェアとお歳暮特集

「北海道秋まつり」に続き「冬の北海道フェア」を開催します。今年はどこも厳しいと聞いてますから、少しでも日頃の恩返しができればうれしいです!

感謝を込めて!2020年2月迄ロングSALE

年明け2月迄、飲食店の利益貢献できるよう魅力ある商品をラインナップしました。

白子やハタハタ、真鱈フィレなど、随時に追加していきますのでご期待ください!

冬の北海道フェア開催! 

冬の北海道フェアのページへ

お歳暮コーナー開設

お歳暮コーナーも本日開設しました。お世話になっているお客様、ご親戚、ご友人に贈られてはいかがですか?

新巻鮭など数に限りがある商品もあるので、お早めに手配してください。

お歳暮特集 

お歳暮コーナーのページへ

 

 

12月1日(日)午後12:00

イカは忍者?

先だって紹介した「活姿真イカの瞬間冷凍」は飛ぶように売れてます。すごい人気ですねえ。

そうそう、イカは空も飛ぶことができるんですよ。取り込んだ海水を漏斗(ろうと)から勢いよくはき出し、耳を胴体にぴったりつけて、ゲソも伸ばしてロケットのように海面に飛び出ると、今度はバッと耳もゲソも広げて滑空します。

ちなみにイカが墨を吐くのは何のためかご存知ですか?

外敵に襲われた時に逃げる為なんですがその手法が面白くて「プッ、プッ」と細かく墨を吐き出します。すると、イカの分身がいくつもできたようになるんですね。

空を滑空したり、分身を作って逃げたり、まるで忍者ではありませんか。

明日から「冬の北海道フェア」へと切り替わります。年末年始のメニューにお役立てください。

 

 

11月30日(土)午後5:00

スーパータイムセール間もなく終了!

数量限定の超短期間セールも在庫がなくなってきたので、間もなく終了します。

まだ一部商品、残ってますのでお早めにどうぞ!

刺身用、大バチまぐろ

通常3600円/kgのところ、3380円/kgで!

大バチばくろ

15kg以下の小型のメバチマグロのことを「ダルマ」、15~25kgまでのサイズの「小鉢(コバチ)」、25~40kgまでを「中鉢(チュウバチ)」。そして40kg以上の大型のメバチマグロが「大鉢(オオバチ)」と呼ばれます。

白っぽく見えるのはマイナス60度保管しているからです。解凍すると、赤色が戻ります。

大バチまぐろの販売ページへ

刺身用、中バチまぐろ

通常3340円/kgのところ、3140円/kg!

中鉢まぐろ

メバチマグロはキハダマグロに比べると赤身がきれいで色味が良いので、居酒屋でも人気です

中バチまぐろの販売ページへ

刺身用、皮なしサーモンハラス

通常相場2300円/kgのところ、1780円/kgで!

刺身用サーモンハラス

脂ののったアトランティックサーモンのハラスです。炙りサーモンにすると、香ばしく美味しさ倍増です。皮も引いてあるので、歩留まりは100%。

刺身用、皮なしアトランティックサーモンハラスの販売ページへ

 

 

11月29日(金)午後4:00

濃厚!冬イカ

函館産の冬イカを生きたまま数十秒で瞬間凍結させました。

函館産活冬イカ瞬間冷凍

メディアでも取り上げられたこの商品は、品質、コスト、使い勝手において他に類を見ません。

「活イカでは輸送コストが高すぎる、船凍イカでは冷凍技術が低すぎる。」

そう感じているプロの職人から圧倒的支持を得ています。

あなたはきっと、2度驚く!

函館のイカが最も美味しいのは「今」です

本当に美味しいイカを食べたことがある人は多くない、と断言できます。

レストランに長年勤め、食には多少精通していたはずの私(内田)もそうでした。冬の函館真イカを食べたとき、価値観がひっくり返りました。

驚いたのは、はちきれんばかりに詰まっている肝の大きさ。

そして普通の真イカより分厚い身を刺身にすると、濃厚な甘みが口中に広がる味わい深さに卒倒しそうになります。

「今まで食べていたイカは何だったんだ?」

そう思いました。それが、この冬イカです。

函館産活冬イカ

函館産活真イカ瞬間冷凍の販売ページへ

 

 

11月28日(木)午後7:30

ずわいダルマ、特大サイズ登場!

工場長の辻合大地です。箱を開けて驚きました。なんと立派な・・・と。

ダルマは普通、Lや2Lサイズでも十分大きいのですが、なんと今回は最大で5Lもあるのですよ!迫力満点です。

このサイズのダルマは市場に出回ることが滅多とないので、レアものですよ。

パーティで大活躍!

ダルマは甲羅酒にしたり、身をほぐしてミソと一緒に焼き蟹やグラタンにすると非常に美味しいです。

甲羅を器にできるのが、乙ですよね。

Lサイズを1人前で出すのも良いですが、特大サイズを宴会やパーティでドンと出すのも盛り上がること間違いないです。

ボイルずわいがにダルマ

●ボイルずわいがにダルマの販売ページへ

 

 

11月27日(木)午後5:15

特選本ズワイガニと毛蟹大サイズ

お待たせしました!

身入り4特の最高品質規格のマガダン産本ずわいがに肩を今年も販売します。また、ロシア船内凍結品ボイル毛蟹特大サイズも秋まつりに掲載しました。

身入り最高ランク!本ずわいがに肩

蟹選びで失敗したくない方へ

ロシア・マガダン産の本ズワイガニはハズレがありません。4特といって身入りは最高ランク。他産地に比べ、甘味、うま味ともに素晴らしく、最高級品質といえます。サイズは2L、約220~260g/肩。

通常販売価格4980円/kgのところ、3900円/kg

マガダン産本ずわいがに肩

マガダン産本ずわいがに肩の販売ページへ

船内ボイル・船内凍結、高鮮度毛蟹

この毛蟹を漁獲するロシアの船は一度海に出たら、2週間以上陸に戻ってこないそうです。そのため水揚げ後すぐに船の上でボイルし、船内で凍結させます。

いわゆる、蟹工船と呼ばれる船ですね。そういった加工設備を備えた巨大な船で揚げてきた毛蟹です。サイズは1尾600-750gの大サイズ!

通常販売価格5900円/尾のところ、4750円/尾

ロシア船内凍結ボイル毛蟹

ロシア船内凍結ボイル毛蟹の販売ページへ

 

 

11月27日(水)午前10:30

冬の北海道フェア開催のお知らせ

12月2日~2月28日迄開催予定!

秋まつりセールは今月をもって終了する予定でしたが、今年は消費税増税により、飲食店も厳しい状況が続いているそうですから、「北海道秋まつり」を「冬の北海道フェア」と題して継続することにしました。

冬の北海道フェアをするのは初めてですが、少しでも、日頃お世話になっている恩返しが出来ればと思います。

ずわい蟹、毛蟹、白子、はたはた、真だらと人気の北海道魚介が目白押しにりますのでご期待ください!

 

 

11月26日(火)午後5:00

激安本ずわいガニむき身、販売再開!

工場長の辻合大地です。新発売するや否や、あっという間に完売となった超人気商品。新たに在庫を確保できました。

人気の理由はやはり、「価格」でしょう。高品質でありながら、相場よりも格段に安いですからね。

今回も在庫に限りがあるので、売切れ御免!です。お早めに!

通常相場価格 7000円/kg⇒4320円/kg~

ボイル本ずわい蟹ポーション

●ボイル本ずわい蟹ポーションの販売ページへ

売切れ必須!函館産ぼうずいか

こちらも大人気で昨年はすぐさま売切れ!

神出鬼没に現われ、すぐいなくなってしまう北海道ではレアなイカです。今年も水揚げの瞬間を狙っていたのですよ。

サイズはキロ30-50尾、胴体の長さは7-9cm前後。ホタルイカより一回り大きいくらい。身はもちもちして甘みがあり、生のままでも焼いても煮ても美味です。

お通しの和え物や、パスタソースにもぴったりですね。

通常価格 1590円/kg⇒1280円/kgで!

函館産ぼうずいか

 ●函館産ぼうずいかの販売ページへ

 

 

11月25日(月)午後3:00

スーパータイムセール臨時開催!

突然ですが、スーパータイムセールを臨時開催します。

このコーナーは年に数回、数量限定・期間限定で行う超激安コーナーになります。

秋まつりセールと違い、どれも在庫が少なく売切商品となりますので、おそらく早々に終了するかと思います。

刺身用、大バチまぐろ

通常3600円/kgのところ、3380円/kgで!

大バチばくろ

15kg以下の小型のメバチマグロのことを「ダルマ」、15~25kgまでのサイズの「小鉢(コバチ)」、25~40kgまでを「中鉢(チュウバチ)」。そして40kg以上の大型のメバチマグロが「大鉢(オオバチ)」と呼ばれます。

白っぽく見えるのはマイナス60度保管しているからです。解凍すると、赤色が戻ります。

大バチまぐろの販売ページへ

刺身用、中バチまぐろ

通常3340円/kgのところ、3140円/kg!

中鉢まぐろ

メバチマグロはキハダマグロに比べると赤身がきれいで色味が良いので、居酒屋でも人気です

中バチまぐろの販売ページへ

わけあり、函館産やりいかの沖漬け

正規品1870円/kgのところ、1098円/kgで!

ヤリイカ沖漬けを漬けているところ

人気のヤリイカ沖漬けです。傷があったり、ゲソがなかったり、サイズが規格外であったりするため、わけあり格安でご提供!

わけあり、函館産小やりいかの沖漬けの販売ページへ

刺身用、皮なしサーモンハラス

通常相場2300円/kgのところ、1780円/kgで!

刺身用サーモンハラス

脂ののったアトランティックサーモンのハラスです。炙りサーモンにすると、香ばしく美味しさ倍増です。皮も引いてあるので、歩留まりは100%。

刺身用、皮なしアトランティックサーモンハラスの販売ページへ

 

 

11月24日(日)午前10:00

巨大真鯛、揚がる!

先だって函館中央市場に行くと、タイが並んでました。それも北海道では見たこともない巨大サイズで、なんと7.7kg。

水揚げ地は道南の日本海側、上ノ国。幕末に活躍した最強の軍艦・開陽丸が沈没したことで有名な江差の目と鼻の先の町です。

余談ですが、かの土方歳三がその沖合で沈む開陽丸を見て、嘆き悲しみコブシで叩いたという松が、江差湾を見晴らす小高い場所に立っています。

その辺りの海で水揚げされた巨大な真鯛が、こちらです。

北海道産巨大真鯛

なお、札は入れてませんので、販売はできません。 

 

 

11月23日(土)午前10:00

夫婦焼き

先だって案内した本ししゃものメスに続き、オスも秋まつりセールに登場です。仕入れの努力が実り、数量限定ですが安価で提供できるようになりました。

居酒屋では、オスメスセットで「本ししゃもの夫婦焼き」にすると注文も増えるようですよ。

1尾89円!本ししゃもオス

「オスとメス、どちらが美味しいですか?」とよく聞かれます。

とても悩ましい質問です。身の旨さ、脂のりはオスに軍配が上がるでしょう。でも、シシャモといえば卵のつぶつぶ感。いずれも捨てがたい。

夫婦焼きで、どちらも味わって頂くのがベストです。

北海道秋まつりに掲載!

通常価格、1尾121円のところ、1尾89円で!

北海道産、本ししゃもオス

北海道産本ししゃもオスの販売ページへ

北海道産本ししゃもメスの販売ページへ

 

 

11月22日(金)午後2:00

売切必至!北海たこの卵

超人気珍味、北海たこ卵の在庫が少し出来ました。すぐに完売すると思いますので、お早めにどうぞ。

知る人ぞ知るやみつき珍味

活〆した北海たこの卵を真空して、超急速冷凍してます。

解凍後生のまま醤油漬け、ボイルしてポン酢も良いし、煮つけも美味しい。下の写真はボイルしたところです。

知る人ぞ知る珍味ですが、毎回即完売する超人気商品です。

北海たこの卵

北海たこの卵の販売ページへ

 

 

11月21日(木)午後2:00

わけあり格安、味付け数の子

寒くなるとポツポツ売れだすのが数の子。

年末のオードブル、お節の他、宴会料理でも使うそうです。中でも「わけあり味付け数の子」は安くて使いやすいと人気です。

焼肉にカズノコ?

原料原産地が数種込み、また折れが若干入っているため「わけあり格安」で提供している味付けカズノコです。味付けは薄味の醤油漬けで、若干甘め。

刺身盛り合わせに添えたり、お茶漬けにしたり、サラダの具材として使い勝手が良いとのことです。

少し驚いたのは、ある焼肉屋さんの使い方。牛ロースに合わせるんだそうです。「巻いて食べると旨い」とのこと。

フレンチで、ウニと牛を合わせてるのを見て、思いついたと言ってました。

わけあり格安、味付け数の子

わけあり格安!味付け数の子の販売ページへ

 

 

11月20日(水)午後3:00

いかめし風沖漬け寿司

長くお付き合いのある四国の居酒屋さんが「豆イカの沖漬け」を使って少しユニークな料理を出してます。

胴体の中に酢飯をたっぷり詰めて、いかめし風沖漬け寿司にしてるんだそうです。紹介しても良いとのことなので、皆さんとシェアします。

コスパも顧客満足度も高い料理

料理長いわく「豆イカがサイズもコストも1人前にちょうど良いけん」とのこと。

ゲソと肝を取り出して酢飯をぱんぱんに詰め、冷蔵庫で冷やし固めてから輪切りにして提供してるようです。お客さんの評判も上々だそう。ちなみにゲソと軟骨は細かく刻んで軍艦寿司にするそうですよ。

函館産豆イカ沖漬け

函館産豆イカ沖漬けの販売ページへ

 

 

11月19日(火)午後3:45

極寒の深海でよく肥えた高級魚

ギンダラはカニやエビ、イカやニシンと、なんでも食べる大食漢なのですよ。

産卵に向けて最も栄養を蓄えた時に水揚げされるアラスカの銀ダラは、尻尾の先までびっしりと脂が乗って、まさに絶品です!

西京漬け、粕漬け、塩焼き、煮付けにどうぞ。

魚にうるさい日本人も唸る

日本で流通する銀ダラの多くが海外産のものですが、海外産の魚でここまで日本人に好まれる魚もなかなか珍しいものです。

銀ダラのとろける脂と旨味が日本人の口に良く合うのでしょうね。

アラスカ産、銀ダラフィレ

●アラスカ産銀ダラフィレの販売ページへ

●アラスカ産銀ダラフィレカット済みの販売ページへ

工場長:辻合大地

 

 

11月18日(月)午後3:00

販売再開商品2種

早いもので11月も残り2週間となりました。北海道秋まつりは30日土曜日に終了しますので、買い忘れのないようご注意ください。

今日は、ずわいがにダルマ3Lサイズと3年ほたて貝を販売再開しましたのでお知らせです。

ずわいがにダルマ3Lサイズ

1個301~350gサイズのずわいがにダルマ。選別時に時折、出てくるサイズです。

ボイルずわいがにダルマ3Lサイズ

ボイルずわいがにダルマ3Lサイズの販売ページへ

ラン付き3年ほたて貝11cmサイズ

身入りの良いラン付きほたて貝は、焼いても縮みが少なく、ボリューム感があるので人気です。

3年ラン付きほたて貝

ラン付き3年物ほたて貝11cmサイズの販売ページへ

 

 

11月17日(日)午前11:00

鮭はなぜ、海に出るのか?

鮭をはじめ、サクラマスや紅鮭は川で生まれ、海で成長し、生まれた川に帰ってきて産卵します。

なぜ、サケ・マス系の魚はそうした生活史を持つようになったのか、ご存知ですか?実は私も詳しいことは知らなくて調べてみたんですが、面白いことが分かってきました。

北海道産鮭

勝者と敗者

例えばサクラマスは、海に下る個体と、川に留まる個体がいます。

幼いころは皆、山女魚(ヤマメ)と呼ばれてます。それが、海に出て成長するとサクラマス、川に留まればそのままヤマメ。

実は両者は、幼少期になわばりや餌の取り合いで争った仲でした。川には全てをまかなう資源はなく、生きる為には仕方なかったのです。

その時の争いに勝ったのはどちらでしょうか?

・・・そう、ヤマメなんです。勝者であるヤマメはそのまま留まり、敗北し、居場所を失くしたサクラマスの幼魚はやむなく川を下ります。

逆転劇

ところが海には、川よりも豊富な餌と大きく成長するチャンスがありました。その分、捕食されるリスクも高いようですが、見返りは大きい。1年もすれば、その大きさは、かつて負かされた相手をはるかに凌ぐまでに成長し、川に戻ってきた時にはメスを巡る争いにも圧倒的な差で、勝ちます。

何だか面白いですよね。人生の逆転劇を見ているようです。

鮭は、遺伝子レベルでその見返りを知っている、サクラマスが進化した種だと考えられてます。川に留まるより、リスクはあっても資源豊富な海に出て成長する事を全ての個体が選択します。

余談ですが、同じヤマメでも九州のヤマメが海へ下らないのは、単純に暑いからだそうです。

 

 

11月16日(土)午後4:00

下処理済み、イカのゴロ(肝)

使いやすいよう墨袋、軟骨を処理したイカゴロ、注文殺到です。「イカも人手も不足していたのでとても助かります」とのこと。

 

2日前にこの商品を案内した際は「新開発しました」と書きましたが、この商品は自社製造したものではなく、他社メーカーに依頼して新商品として特別製造していただいているものです。

説明が不足しておりました。申し訳ございません。

依頼先は信頼おけるメーカーであり、品質、安全性は確認済みですのでご安心ください。

合わせ買いがオススメ!

「つぼ抜きイカ」とセットで購入する方が特に多いです。最も効率よくイカのゴロ焼きが作れるのでしょうね。

「函館産極上刺身用剥きイカ」もオススメ。甘みの強い函館産真イカの刺身を肝醤油で食べる贅沢はたまりません。

なにしろ使い勝手が良く、鮮度が良く、そして安価な、至れり尽くせりのイカゴロですよ。

北海道産イカのゴロ(肝)下処理済み

●北海道産いかのゴロ(肝)下処理済みブロックの販売ページへ

●つぼ抜きイカの販売ページへ

●函館産極上刺身用剥きイカの販売ページへ

工場長:辻合大地

 

 

11月15日(金)午後2:00

きんきらきんき

冷え込みが厳しくなり木々も葉を落とすと、少しずつ町は落ち着いた色合いになります。鹿部は昨夜から雪が舞い、朝はうっすら白くなりました。

そんな中、鮮やかな紅色で漁港を賑わしているのがキンキです。冬のきんきは脂がのって最高に美味しい。普段、スケール(量り)を使って選別しない漁師も、この魚ばかりはきっちり計量するんですよ。

たんぱく質より脂肪分が多いレアな魚

きんきは、魚としては珍しく、たんぱく質よりも脂肪分が多い魚です。肉質は柔らかく、小骨も少ないので高齢者や子供さんでも食べやすいのも魅力。

塩焼き・煮つけが主流ですが、お客さんが「小型サイズなら唐揚げも最高!」と言ってました。二度揚げすると骨まで食べれるそうです。

鹿部産きんき

● 北海道鹿部産きんきの販売ページへ

 

 

11月14日(木)午後5:30

北海道産イカゴロ(肝)760円/kg~

いつもありがとうございます。工場長の辻合大地です。

長らくお待たせしました!人気のイカゴロを販売再開します。塩辛を作るのに最適な仕様になってます。

使いやすいよう下処理済み

塩辛や肝醤油、ゴロ焼きなどに使いやすいように、軟骨部分と墨袋は処理しています。薄皮と純粋な肝のみなので、調理に使うときは歩留まりが良く使い勝手が抜群です。

鮮度は申し分ありません。

規格は、2kgと8kgのブロック冷凍です。イカの肝は脂肪分が多いので、ほんの少し緩ませれば凍ったままでも簡単に包丁が入ります。1度に使い切れない場合は、小分けして冷凍しておけばロスも出ませんよ!

北海道秋まつりセールに掲載!

2kgブロック 通常890円/kg⇒860円/kgで!

8kgブロック 通常790円/kg⇒760円/kgで!

●北海道産いかのゴロ(肝)下処理済みの販売ページへ

 

 

11月13日(水)午後3:00

【数量限定】子持ち本ししゃも99円!

本ししゃもは、北海道鵡川~釧路迄のごく一部の地域でしか獲れない日本固有の魚です。漁期は10月上旬~11月中頃までの約1か月間しかありません。鮭と同じように川に遡上して産卵するんですよ。

ご存知かと思いますが国内に流通するシシャモは、ほぼ全てが北大西洋からくる輸入のカラフトシシャモです。本ししゃもとは生態も生物学的にも全く別の魚。本シシャモが高級なのは希少なのもありますが、味が格段に良いからです。

本物を知らないと偽物も語れません

カラフトシシャモも安価でそれなりに美味しい魚ですが、本シシャモには到底及ばず、その風味や食感は別物です。

貴重な魚なので今回は数量限定で、通常1尾121円のところ、99円で提供します!!

北海道産子持ち本ししゃも

● 北海道産子持ちししゃもの販売ページへ

 

 

11月12日(火)午後16:45

使い勝手良しのムキハギ

工場長の辻合大地です。今朝、函館の市場でカワハギが揚がってました。

今が最も旬で価格も安価です。これからのシーズンは鍋にぴったりですね。他にも塩焼き、煮付け、唐揚げや洋食、中華にと色々な料理に合います。

秋まつりで格安提供!598円/パック~

すぐに調理できるよう、頭、内臓、皮を処理した状態で使い勝手がよく、市場ではムキハギと呼びます。漁師はシンプルな水炊きを好むんですよ。

通常価格よりお安く提供しますので作りたてを使ってみてください!

北海道函館産かわはぎ小サイズ

●北海道函館産下処理済みカワハギ(ウマヅラハギ)の販売ページへ

 

 

11月11日(月)午後3:00

鮭の驚くべき能力

鮭が自分の生まれた川に戻ってきて産卵することは良く知られてます。

でも、広い海を何年も旅して、どうやって帰ってくるのか。不思議じゃないですか?

鮭は海に降りる時、生まれた川特有の「ニオイ」を記憶に刷り込むんだそうです。そして戻ってくる時には、そのニオイを思い出すことで、自分の生まれた川を特定します。凄いですよね。

実はその仕組みについてはまだまだ謎が多く、解明されていないことも多いんですよ。

今日はそんな鮭の人気ランキングTOP3を紹介します。

天然秋鮭、人気ランキングTOP3

さかなだマート掲載、鮭の商品ラインナップ27種のベスト3を発表します。

第一位:北海道噴火湾産、刺身用鮭フィレ極上仕上げ

「ここまで歯ごたえのある鮭ははじめて!」と料理人をうならせる極上鮭フィレ。

刺身専用、極上鮭フィレ

北海道産噴火湾産、刺身用鮭フィレ極上仕上げの販売ページへ

第二位:鮭の頭

これほど人気が出るとは、私たちも意外でした。確かに、焼きにしても煮つけにしてもとても美味しい。

鮭の頭

北海道産、鮭の頭の販売ページへ

第三位:鮭の白子

鍋や天ぷら等、冬メニューで使う方が増えてきました。

鮭の白子

北海道産、鮭の白子の販売ページへ

 

 

11月10日(日)午前11:00

スタッフが個人買いする商品

鹿部の浜にも雪がちらつき、工場の背後にそびえる駒ケ岳はすっかり雪化粧となりました。短い秋が終わり、長い冬が始まろうとしています。

今日は、製造・営業スタッフが自腹で買って帰るお気に入りアイテムを紹介しますね。

網走産いくら醤油漬け

網走産いくらの醤油漬け

工場長・辻合大地

工場長・辻合大地

網走産いくらの醤油漬けの販売ページへ

刺身専用さばフィレ

刺身用さばフィレ

営業・内田正彦

営業・内田正彦 

刺身専用、さばフィレの販売ページへ

極上天然ぶりの柵

極上天然ぶりの柵

製造・鈴木玲司

製造・鈴木玲司

● 北海道函館産、極上天然ぶりの柵の販売ページへ

 

 

11月9日(土)午後2:00

鮭筋子、冷蔵発送まもなく終了!

工場長の辻合です。

鮭筋子がこれ以上ないほど大きくなってきており、昨日の選別でも2L、Lサイズがほとんどでした。

そろそろ”ピンポン”と言って、産卵前の硬いイクラになってしまいます。そうなると上質ないくらは作れなくなるので、メスの鮭はもう札を入れません。

次は来年の秋です

冷凍の在庫は蓄えていますが、冷蔵便での筋子とメスの鮭の生発送はまもなく終了となりそうですね。

お悩みの方はお急ぎください。

さかなだマートでは筋子の処理の仕方を動画でも解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

鮭の筋子をとりだすところ

●北海道産、鮭の生筋子(冷蔵発送)の販売ページへ

●【鮮魚】北海道産鮭、メス姿(冷蔵発送)の販売ページへ

 

 

11月8日(金)午後3:00

謎の世界選手権

さかなだマートの工場がある北海道茅部郡鹿部町の名産は「たらこ」です。毎年2月には<たらこ祭り>が開催され、たらこクチビル世界選手権というユニークな催しもあるんですよ。

お客さんに話すと「謎すぎますね」と一言。自信のある方はぜひ遊びに来て下さい(笑)

さて、今日はそんな鹿部産たらこが原料の使い勝手抜群な明太子を紹介します。

アイデアひとつで時間短縮!しぼり明太子

年末年始の繁忙期に大活躍。強力お助けアイテム

絞り明太子を絞ったところ

使い方はカンタン。解凍後、封を切って絞るだけです。

定番の明太子スパゲッティ、ジャガバタやポテトサラダにも最高ですし、居酒屋メニューなら山芋やレンコンなどの上にチーズと明太子をのせて焼くだけで一品ができます。アボカドと明太マヨでサラダにしても良いし、チーズに混ぜ込んでディップソースにしてもおいしい。

アイデアひとつで、時間短縮できてお客さまにも喜ばれる優れものです!

北海道秋まつりに掲載!

通常販売価格 1070円/パックのところ、935円/パックで!

しぼり明太子

● 北海道噴火湾産しぼり明太子の販売ページへ

 

 

11月7日(木)午後3:00

なぜか包丁が進まないニシン

工場長の辻合大地です。

10~11月にかけてごく限られた時期に水揚げされるのが、とろニシン。困ったことに、このニシンは捌くとき思うように包丁の刃が進まないのですよ。

「あれ?切れ味が悪いのかな?」と最初は思いましたが、いやいや、包丁はピンピンに研いでます。

原因は、身の色を見てわかりました。脂で白濁としているのです。つまり、フィレにする時、包丁に脂がまとわりついてブレーキがかかってたんですね。まるでラードでも切っているかのようです。

全身、総霜降り

ただ単に脂が多いのではなく、天然モノなのであっさりしていて旨味があり、身には歯応えがあり、まさに極上品質です。

今年48歳になるスタッフの一人も「天然モノの脂は全くもたれないねえ。」とぱくぱく。

 

今が旬の全身総霜降りニシン、非常に美味ですよ。

トロにしん

●【極上】刺身用霜降りニシンフィレの販売ページへ

 

 

11月6日(水)午後3:00

北海道産スモークサーモン

朝、車の窓が凍る気温まで下がってきました。こういう朝は「しばれるね~(凍えるね~)」というのが挨拶です。そろそろ道路も「しばれる」ようになるのでタイヤ交換を急がないといけません。

今日は、年末年始のオードブルや宴会に大活躍の北海道産スモークサーモンを紹介します。

天然秋鮭のスモーク、ナチュラル製法

原料となる鮭は、北海道で水揚げされた天然秋鮭。素材の持ち味を消さないように軽めの燻製に仕上げ、無添加無着色でナチュラルに仕上げてます。

ビタミンCの6000倍!注目のアスタキサンチン

鮭の身の色はアスタキサンチンという色素成分です。これが非常に強い抗酸化作用を持っていて、最近テレビや雑誌でも話題になってますね。

さかなだマートでは、そんな鮭のヘルシーパワーも解説してますので参考にしてください。

北海道秋まつりに掲載中です!

通常販売価格 4000円/kgのところ、3780円/kgで!

北海道産スモークサーモン

北海道産スモークサーモンの販売ページへ

 

 

11月5日(火)午後4:00

北海道の定番料理、大躍進!?

工場長の辻合大地です。

8月のお披露目からすぐに大人気となったほっけザンギ。グランドメニューに組み込まれたお客様がたくさんいます。

「ほっけにこんな美味しい食べ方があったなんて・・」と聞きますが、私のような北海道育ちはみんな子供の時から食べてたんですよ。

2種類のほっけザンギ

ほんのりカレー風味とノーマルの2種類開発しました。

なぜカレー風味かというと、カレーの香りとホッケの相性が抜群に良いから。お互いの香りを邪魔せずマッチするんですね。

ノーマルは、そのままでも美味しいのですが柚子胡椒やタルタルソースを付けたりとアレンジできます。

カレー塩、ハーブ塩、レモン塩と3種類並べて食べ比べしても良いですね!

ほっけザンギ

●ほっけザンギほんのりカレー風味の販売ページへ

●ほっけザンギの販売ページへ

 

 

11月4日(月)午前11:00

秋まつりセールにハタハタ登場

ハタハタは魚編に神、もしくは雷と書くことがあります。晩秋から初冬の雷が鳴る季節に揚がるからです。「はたはた」というのは実は擬音語なんですよ。雷が鳴る音を古くは「はたたく」といったそうで、それが名前となりました。

そんなハタハタを、秋まつりセールに掲載します!

鍋、南蛮漬け、煮つけに

地元鹿部では鍋にすることが多いハタハタ。さかなだマートに勤める女工さんも大好きみたいで「白ネギをたっぷり入れると美味しんだよね~」と満面の笑みで話します。今回紹介するオスは、小ぶりなサイズなので南蛮漬けにしても美味しいですよ。

北海道秋まつりセールに掲載!

通常価格 1180円/kg ⇒ 980円/kg

北海道鹿部産はたはたオス

北海道鹿部産はたはたオスの販売ページへ

 

 

11月3日(日)午前11:00

北海道秋まつりランキング第3弾

秋まつり開催から1か月と少し経ちました。TOP3ランキングは日々、入れ替わってます。

皆さん気になるようなので最新ランキングを紹介しますね。

1位:刺身専用さばフィレ

しめ鯖は一般的ですが、生の刺身用サバは中々ありません。リピートも増えてきて堂々の一位!

刺身用さばフィレ

刺身用さばフィレのページへ

2位:北海道網走産いくらの醤油漬け

工場長の友人が作る「ショクニン」技の極上イクラ。楽天では7500円/箱で売られてますが4475円/箱~提供中!

網走産いくら醤油漬け

北海道網走産いくらの醤油漬けのページへ

3位:極上、刺身用トロにしんフィレ

「歯ごたえが良いのでびっくりしました」「滋味あふれる脂でしたね~」と感想が届いてます。青背の魚好きにはたまらないようです。

極上、トロにしん刺身用フィレ

【極上】刺身用にしんフィレの販売ページへ

 

 

11月2日(土)午後3:00

漁師のカイゼン

ある時、とても鮮度の良いほっけが鹿部で揚がってましたので、市場関係者に「定置?」と聞くと「刺網だ」というので少し驚きました。

<定置網漁>は魚が入り込んだら出れないようにして生きたまま漁獲する漁法で、<刺網漁>は魚の通り道に網を固定させて、網目より大きい魚が頭は通ってもお腹がつっかえて動けないようにして漁獲する漁法です。

鹿部産ほっけ

定置網漁の方が鮮度良く揚がる場合が多いので、定置かと思ったのでした。

聞くところによると漁師もいろいろ工夫していて、刺し網を入れたらこれまでより短時間で引き揚げるようにしたり、網も魚にダメージを与えない材質のものに変えたりして、より鮮度良く揚げてくる改善をしているそうです。

これだけ良い状態で揚げてきてくれるのだから、私たちもより良い商品をお届けしよう!!改めてそう思いました。

 

 

11月1日(金)午後3:30掲載

鍋にいか飯

寒くなると、にわかにイカ飯が人気になります。理由は、鍋に入れると抜群に美味しいから。

冬メニューの定番鍋料理にしている居酒屋では「お客さんが毎年、楽しみにしてるんで今年もお願いします」と数百個オーダーされました。

分かります。鍋にイカの出汁が移り、飯が他の素材の出汁を吸い、そのイカ飯ひとつで鍋を凝縮したような味わいが生まれるんですよね。

書いてるうちに食べたくなりました・・。

いかめし通の楽しみ方

さかなだマートで扱っているイカ飯は、約60gの小ぶりサイズですので、鍋にぴったり。流行りのトマト鍋にもよく合いますよ。イタリア料理店では自家製トマトソースでそのまま煮込んでオードブルにしている店もあります。

函館産いか飯

函館産いか飯の販売ページへ 

 

 

10月31日(木)午後5:00開場

季節を彩る鮮魚情報

鹿部は短い紅葉が終わり、早くも落葉の季節です。

前浜鹿部ではキンキが揚がり始めました。すけそうだらの刺し網漁でかかってくるのですが、この魚が揚がってくると網から外す漁師の手つきも慎重になります。傷がつくと入札価格も下がるからです。

鮭は終盤に差し掛かってきました。鮮魚で発送できるのは中旬までになります。その他、鮮魚発送できる魚を一挙ご紹介します。

鮭メス(筋子入!)

格安で自家製いくらを作るなら一本買いがおすすめです。

通常販売価格 2280円/kgのところ、秋まつり価格1780円/kg

北海道産鮭メス、筋子

北海道産鮭、メス姿の販売ページへ

天然ぶり

寒ブリを安く買うなら今がラストチャンス!

7kgサイズ 通常販売価格 1480円/kgのところ、秋まつり価格1280円/kg

北海道産、天然寒ぶり

北海道産天然ぶりの販売ページへ

秋ほっけ

鹿部の秋ほっけは一味違いますよ。脂ものってます。

小サイズ 通常販売価格 1080円/kgのところ、秋まつり価格920円/kg

北海道産秋ほっけ

北海道鹿部産秋ほっけの販売ページへ

秋のおまかせ鮮魚セット

秋ほっけ、トロにしん、八角、きぞい、かれい、あいなめ等、詰め合わせ。

通常販売価格 6980円/セットのところ、秋まつり価格5980円/セット

秋冬の鮮魚

秋の鮮魚おまかせ詰め合わせセットの販売ページへ

 

 

10月31日午後4:00

鮭の白子にファン続出!?

工場長辻合です。毎年のことですが、この時期は水揚げの魚種が多く、工場はフル稼働です。

朝から晩まで魚、魚、魚、たこ、いか、ほたて、魚、魚、といった感じです。

気合が入ります!

白子界のスーパーフード

鮭の白子がここ数年前から人気高騰してるんですよ。

ふぐの白子に味が似て、ふわふわもちもちの食感がたまらない!と、ファンがどんどん増えてるんです。

天ぷら、塩こうじ焼き、ネギ味噌焼き、おろしポン酢和え、ムニエルにと、幅広く使えるのも人気のひとつです。

実を言うと私もファンのひとりで、この前は塩、ニンニク、ハーブ、オリーブオイルでマリネしてから燻製にしてみましたが、ワインのつまみに最高でしたねえ。食べる手が止まらなくなります。

さらに、鮭の白子には核酸やプロタミン、RNA、DNAなど栄養が含まれており、美容や老化防止、がん予防などに効果が期待できるとのこと。まさにスーパーフードです。

●北海道産鮭の白子の販売ページへ

 

 

10月30日(水)午後6:45開場

待ちに待った良型サンマ!

10月21日付の水産新聞(毎週月曜発行、業務用北海道水産情報)の一面見出しに『サンマ過去最低水準』と出ており「ああ今年は旨いさんま食べれなかったなあ・・」と残念に思っていました。ところが今週に入って、一変。漁師曰く「台風や大雨で海がかき回されて漁場の海水温が下がった」そうです。これまでほぼ水揚げのなかった良型サイズも揚がってきました。

さかなだマートが扱うのは140g以上の良型サイズのみ。

今季、初水揚げ!140g以上の良型サイズ

ニュースでも報じられてたので秋刀魚の不漁は皆さんご存知だと思います。サイズも120g前後の小型中心で、浜値は昨年の倍~3倍でしたが、かなりリーズナブルになりました。

美味しいのはやはり140gを超えたサイズ。刺身にしても焼いても、抜群です。最高の鮮度のまま超瞬間冷凍してますので、内臓まで美味しく食べれますよ。

北海道秋まつりに掲載!

通常販売価格 228円/尾のところ、秋まつり価格198円/尾

根室産さんま

北海道産さんま姿ブライン凍結の販売ページへ

今のうちに!高騰までカウントダウン

函館のブリは今が買い時です。函館は水温が低いため、水揚げ、脂ののり共に他の地域より早いのですよ。ですから、他の地域が高騰する前に安価で脂ののりが良いものが買えるのです。

ヒーローが作るブリの柵!

ブリを姿からさばくと、生ゴミは出るわ、時間はかかるわ、送料が高い、技術者が足りないわで、多くの店が使い難いと言ってます。じゃあ、そんな問題を解決しようじゃないのと、柵までやり始めたのがこの柵なんですよ。嘉楽には、部位によって数本の包丁を使い分けながら捌く、うるさい職人もいます。ちょっと時間かけ過ぎじゃあ?と思う時もあるんですが、まあ、AI時代になって人間でないとできない職業ランキングに、魚さばきが筆頭であがるので、ああだこうだ言いながらも、ヒーロー!と呼んでます。

高品質、安価、手間いらずと3拍子揃った、職人のブリのご案内でした。

極上、函館産ブリの柵

【極上もの】函館産天然ブリに柵の販売ページへ

刺身用、北海道産天然ブリの柵の販売ページへ

 

 

10月29日(火)午後2:30開場

刺身さば大サイズ水揚げ

朝7時、鹿部漁港に行くと定置網漁を終えた漁船が帰ってきました。船には鯖が満載。跳びはねるサバを大きな網を取り付けたクレーンで掬い、たっぷりの氷と海水をはったタンクに入れていきます。

型も大きい。しばらく在庫を切らせていた大サイズ、大大サイズの規格です。海水温が下がって身も締り、脂のりも良くなってきてますよ。

国内髄一の品質

加工する際の鮮度、凍結技術、保管の仕方。品質良く仕上げるには、水揚げから発送する迄の全ての工程において、高度なスキルと仕組みが求められます。だから刺身専用のサバフィレを作るメーカーはとても少ない。

さかなだマートの鯖フィレはプロの料理人が認める国内随一の品質を誇ります。

北海道秋まつりに掲載!

大サイズ 通常販売価格 1890円/kgのところ、秋まつり価格1820円/kg

北海道産さばフィレ

北海道産刺身用さばフィレの販売ページへ

 

 

10月28日(月)午後8:45

世界をかける「ショクニン」のいくら醤油漬け

工場長の辻合大地です。

北海道ではもう雪虫が飛んでいます。

内地の人に言うと、雪虫?なにそれ?と聞かれますが、雪虫はその名の通り雪のよう虫で、この時期だけ飛びます。

「雪虫が飛んでるからもうそろそろ雪が降るぞー」が北海道の合言葉なんですよ。

かわいい虫なんで、調べてみてください。

ショクニンと呼ばれる男

内田からいくらの醤油漬けのご案内を入れさせてもらいましたが、いくら醤油漬けを紹介してくれたのは私の友人で、この男、1年のほとんどを海外で過ごし、ロシアやカナダ、デンマークで大男相手にびしばし指導を入れている強者なんですよ。

何を指導しているかと言うと、いくらや筋子の醤油漬けの作り方です。

現地では「ショクニン(職人)」と呼ばれ、世界のあちこちから引っ張りだこなんです。

そんな男が今は網走にいて「このいくら旨いから食ってみれ」と言うのだから、食べずにいられませんよね。

食べてみると、やっぱり!旨い。

本来、新規の取引はしてないそうですが、友人の紹介でほとんど口銭なしで仕入れさせてもらいました。

同じ商品でよそでは1箱7500円ほどで売られています。うちは4475円です。

 

世界でひっぱりだこの、「ショクニン」の味、一度試してみてください。

網走産いくらの醤油漬け

●北海道網走産いくらの醤油漬けの販売ページへ

 

 

10月28日(月)午後3:00開場

天然ぶりハラス販売再開

先だって紹介した北海道網走産いくらの醤油漬け、今日から発送可能です。この品質でこの価格は安いと思いますよ。

網走産いくらの醤油漬け

北海道網走産いくらの醤油漬け

さて、天然ブリハラスの在庫が出来てきたので販売再開します。

シンプルに焼くのが一番

養殖ものと違い、脂がしつこくなく後味が良いのが天然もの。塩を振ってシンプルに焼くのが一番です。

イタリアンのシェフが教えてくれたのですが、塩焼きした後、さっとオリーブオイルをかけて黒オリーブとドライトマトを刻んだものを少し添えると最高だといってました。

北海道秋まつりに掲載!

通常販売価格 1380円/kgのところ、秋まつり価格1180円/kg

天然ぶりのハラス

北海道産天然ぶりのハラスの販売ページへ 

 

 

10月27日(日)午前11:00

あん肝、安いけど品質は上等ですよ。

半年前くらいから販売していますが、とても人気なんですよ。

秋、冬のメニューにどうですか?

安いあん肝は良く出回りますが、ほとんど扱えないんですよ。

添加物が入っていたり、くずみたいな肝を結着をしてあったりと・・。

でも、このあん肝は添加物も結着もない1枚物!血抜きから脱水まで丁寧に処理してます。

非常に質が良いので、この価格はお買い得ですよ。

もちろん、味も言うに及ばずです。

あんこうの肝

工場長:辻合大地

●【冷凍便】1枚物!あんこうの肝の販売ページへ

 

 

10月26日(土)午後4:30

秋祭りにいくら醤油漬け登場!

午前にLINE配信した「いくら醤油漬けの件」ですが、トントン拍子で話がまとまり、早くも販売が決まりました!高品質のいくら醤油漬けをリーズナブルな価格でご提供できます。

道北、網走産のいくら醤油漬け

いくら醤油漬け

さかなだマート工場長の小学校時代からの友人が網走のメーカーに居て、「なまら旨いから食べてみて」とイクラ醤油漬けを送ってくれました。

試食前はちょっと疑っていたのですが、これが、めっぽう旨い。社長も旨いと絶賛。他社メーカーで旨いいくらの醤油漬けに出会ったことがなかったものですから皆驚きです。

添加物が多いと嫌な味になりますが、ナチュラルな味付に仕上がっているので、調味料も最小限に抑えているのでしょう。

工場長の友人は、カナダ、ロシアなど各国の水産工場長を務めてきた熟練工です。ほとんど日本に居ませんが、しばらく網走に滞在しているとのことです。

現在、さかなだマートは、北海道秋祭りで多忙ゆえ、いくら醤油漬けを作るところまで手が回ってません。

しかしこの商品であればお勧めできます。

※尚、発送は月曜日以降になります。

北海道網走産いくらの醤油漬けの販売ページへ

 

 

10月26日(土)午前10:00

いくら醤油漬けの話

いくらの醤油漬けって、難しいんですよね。

最高に旨いイクラを作ろうと思ったら、素材が一級品であることは当然ですが、下処理や洗浄、醤油の種類、漬け時間、すべての条件が揃わないと極上品質には仕上がりません。

市場に出回るいくら醤油漬けは、添加物や甘味料、調味液など不必要に入っているものが多くて、どうも好きになれません。

結局、最高に美味しいイクラを作ろうとすると自社で作るしかないんですよ。

ただ今年の道南は鮭が少ないのと、筋子のオーダーが多いのでイクラの製造まで手が回りそうもありません。

そんな中、工場長の長年の友人が網走のメーカーに勤めていて「なまら旨いから食べてみて」とイクラ醤油漬けを送ってくれました。

試食前はちょっと疑っていたのですが、これが、めっぽう旨い。社長も「ちょっと粒は小さめだけど、うちで作るイクラに似てるな!」と絶賛。他社メーカーでこれほどの品質のものに出会ったことがなかったものですから皆驚きです。

実は今、工場長がさかなだマート用に作ってもらえるよう交渉してます。まだはっきりとは分かりませんが、もしかすると・・・極上いくらがお安く案内できるかもしれません!?

 

 

10月24日(木)午後10:45開場

秋ほっけ鮮魚発送再開

いつも代表の辻合、もしくは営業部・内田が配信しているLINE@市場ですが、今後は工場長・辻合大地からも紹介させてもらいますね。

まずは内田から、ますます脂の乗ってきた前浜鹿部産秋ほっけの鮮魚発送再開のお知らせです!

脂のり最高潮

ほっけの鮮魚発送は人気です。「だって、東京でもこんな旨いほっけ手に入らないですもん」とお客さん。そう、北海道でもなく、函館でもなく、鹿部のほっけが旨いんです。

北海道秋まつりに掲載!

350-500g/尾サイズ 通常相場 1080円/kgのところ、秋まつり価格920円/kg

500-600g/尾サイズ 通常相場 1380円/kgのところ、秋まつり価格1250円/kg! 

秋ほっけ

【鮮魚出荷】北海道産秋ほっけの販売ページへ 

銀聖鮭ハラスも幻になる!?

辻合大地です。今年は銀聖も水揚げが非常に少なくなりました。

銀聖鮭ハラスの販売も今年で最後になるかもしれません。

身と脂のバランスが非常に良い!

厳しい基準をクリアした銀聖鮭から出来たハラス

ハラスなので脂が乗っていますが、天然ものの鮭ですからあっさりしています。

身の旨味と相まって、非常に美味です。

さすがブランドです。

これだけ旨いハラスがなくなるなんて、ちょっと寂しいですね。

北海道秋まつりに掲載!

通常価格 1690円/kgのところ、秋まつり価格1550円/kg

銀聖鮭ハラス

●銀聖鮭ハラスの販売ページへ

 

 

10月23日(水)午後3:15

天然ブリを鮮魚発送

函館南かやべ~鹿部で水揚げされた天然ブリを姿のまま鮮魚発送します。非常に鮮度が良いので、到着する頃がまさに食べ頃です。

11月近くなると浜値が上がるのでお早めに!

先週、東京の居酒屋に送ったところ「豊洲で買うより品質よかったよ!身の締まり方がぜんぜん違った。やっぱり北海道産はいいね!」と感想をもらいました。ブリは北海道以外でも揚がりますが、料理長曰く海水温の高い産地のブリは締まりが良くないそうです。

サイズによってご請求金額が前後しますのでご了承ください。また、水揚げ次第の発送になりますので到着日の指定に添えない場合があります。

北海道秋まつりに掲載!

5kgサイズ 通常相場 1280円/kgのところ、秋まつり価格1090円/kg

6kgサイズ 通常相場 1380円/kgのところ、秋まつり価格1150円/kg

7kgサイズ 通常相場 1480円/kgのところ、秋まつり価格1280円/kg

8kgサイズ 通常相場 1780円/kgのところ、秋まつり価格1580円/kg

北海道産天然ぶり

【鮮魚出荷】天然ぶりの販売ページへ

 

 

10月22日(火)午後4:00

料理のヒント~お客様の声~

「あれ、いいですね、参考になります」と5年来付き合いのあるお客さんから感想をもらいました。「でも、今まで存在を知らなかったですよ」と。

あれ、とは<お客様の声コーナー>のことです。さかなだマートのお客様は飲食のプロの方が多いので、他の人がどんな使い方をしてるのか参考になったようです。

頂いた料理写真も紹介してますので、ご覧になってみてください。メニュー制作時のヒントになるかもしれません。

お客様の声

 

 

10月21日(月)午後3:15

本ずわいがに、残り25kg!

ボイル本ずわい蟹のむき身が、とうとう残すところ25kgとなりました。お客さんからも「これはいい買い物したよ」「品質いいですね~」と非常に喜んでいただいてます。

この価格で提供できるのはこれが最後なので、お急ぎください。

また、北海道秋まつりに「刺身用サバフィレ」を追加しました。

ラストチャンス!ボイル本ずわいがに剥き身

「ドリップも少ないし、味もしっかりしてる。年末の宴会で使いたいので預かってください!」

というような感想が多くの飲食店からありました。残りわずかですが、お役立てください。

残り25kg!

通常相場 6900円/kgのところ、超激安3920円/kg~提供

ボイルずわいがにポーション

ボイル本ずわいがにポーションの販売ページへ

刺身専用さばフィレ

国内で刺身用さばフィレを製造できるメーカーは数件です。理由は、極端に鮮度落ちが早いことと、高度な冷凍技術がないと作れないこと、品質保持が難しいことが挙げられます。

東京の大手飲食店からは「品質は嘉楽さんが一番です」と評価いただきました。国内随一の品質を試してください。

北海道秋まつりに掲載!

中サイズ 通常1840円/kgのところ、1780円/kgで!

刺身用さばフィレ

北海道産、刺身専用さばフィレの販売ページへ

 

 

10月20日(日)午前11:00

北海道、秋まつり最新ランキング

北海道秋まつりもラインナップが充実してきました。

皆さん人気ランキングが気になるみたいなので、最新順位を発表しますね。

1位:ボイル本ずわいがにポーション

5年に1度出るか出ないかの商材。この価格で出せるのは最後のチャンスです!!

ボイルずわいがにポーション

ボイル本ずわいがにポーションの販売ページへ

2位:極上仕上げ、刺身専用鮭フィレ

鮮度の良さからくる歯ごたえ、鮭本来の味わいに驚かない料理人はいません。

極上鮭フィレ

北海道噴火湾産、刺身用鮭フィレ極上仕上げの販売ページへ

3位:刺身用、秋ほっけフィレ3Dエアブラスト

前回1位のほっけ刺身。人気は不動です。

刺身用ほっけフィレ

刺身用、秋ほっけフィレ3Dエアブラスト凍結仕様の販売ページへ

 

 

10月19日(土)午後4:00

トロにしん姿冷凍(焼き用)

脂ののったトロニシンを、水揚げ後すぐに3Dエアブラスト凍結(※あらゆる角度から風をあて急速に凍らせる自社独自の凍結技術)しました。

焼くと脂がぼとぼと落ちるほどなので、ひっくり返しながら焼いてくださいね。

丸ごと煮つけ、塩焼きに

通常より脂のりが良いので最高です!

小ぶりの白子や、数の子を抱いているニシンもありますので、焼いたり煮つける際には、いったん内臓を処理した後、お腹に戻して調理すると良いですよ。

サイズは1尾250~350g。

北海道、秋まつりに掲載!

通常 1280円/kgのところ、1080円/kgで!

にしん姿

北海道産、焼き用霜降りにしん姿の販売ページへ

 

 

10月18日(金)午後3:00

本ずわいがに、残り90kg!

メーカー間取引で通常ではありえない価格で提供している「ボイルずわい蟹ポーション」。お陰様で500kgあった在庫もあっという間に残り90kgとなりました。

この調子だと来週早々に完売すると思います。 

また、鮭の筋子にこれ以上ない大きさの2Lサイズが登場しましたのでお知らせします。

買わないと損!ボイル本ずわいがに剥き身

品質は文句なし!味も良い。それでこの価格はめったに出ません。年末用にストックするお店が増えてます。貴店は大丈夫ですか?

残り90kg!

通常相場 6900円/kgのところ、超激安3920円/kg~提供

ボイルずわいがにむき身

ボイル本ずわいがにポーションの販売ページへ

これ以上ない大きさの鮭筋子

鮭の筋子に2Lサイズが登場しました。Lサイズを上回る最大級のサイズで、ちょっと希少です。

そのため数量に限りがあります。粒の大きな最高級いくらを作ってみてはいかがですか?

鮭の筋子

鮭の生筋子の販売ページへ

 

 

過去の掲載情報はこちら  2017年8~9月2017年10~12月2018年1~3月2018年4~5月2018年6~8月2018年9~10月2018年11~12月2019年1~2月2019年3~4月2019年5~6月2019年7~8月2019年9~10月

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

キャッシュレス・消費者還元事業

前浜LINE@市場 おさかなヘルシーパワー フリー商談 ホールセール かんたん手間いらず商品PRO仕様 プロユーザー 社長日記 魚貝の料理PRO 販売促進ツール さかなカレンダー